ペニス増大サプリ

ヴィトックスαは副作用なし|成分量から考える効き目と症状

ヴィトックスαを3ヶ月間飲んでいましたが、副作用は特に出ませんでした。

元のサイズが小さかったからか1.5cm大きくなりましたし、それで辛い症状はなかったので満足しています。

今回はなぜヴィトックスαを飲んで副作用が出なかったのかを、成分考察から逆算して考えていきます。

参考ページ:ヴィトックスαの効果・副作用・飲み方等の丸ごと体験レビューブログ!

\最安値は公式サイト!今ならキャンペーン中で1箱無料プレゼント!/

ヴィトックスα公式サイト

副作用が出る可能性のある成分は「アルギニン・亜鉛」の2つ

【主成分】

  • シトルリン
  • アルギニン
  • 亜鉛
  • ガラナ
  • マカパウダー
  • 赤ガオクルア
  • レスベラトロール

【副成分(全116種)】

  • 動物系成分:35種類
  • 植物系成分:43種類
  • ミネラル成分:38種類

ヴィトックスαには120種類を超える成分が配合されています。

しかしサプリメントで副作用が出るのは「ある成分が過剰摂取になった場合」です。

そのため、今回は1つ1つの配合量が少ない副成分は除いて、主成分を考察しました。

 

主成分はアミノ酸+亜鉛+植物成分で構成されています。

1つずつ副作用の危険性を調べてみると、どうやら症状が出る可能性があるのは

  • アルギニン
  • 亜鉛

の2つであることが分かりました。

 

【アルギニン】

アルギニンはタンパク質を構成するアミノ酸の一種で、1日の適正量は成人男性で2g~9gといわれています。

副作用が出る過剰摂取量は20gで、症状としては「胃の荒れ・腹痛・下痢」などがあります。

ヴィトックスαはアルギニン配合量が表示されていないのでどれぐらい入っているかは分かりません。

しかし、アルギニン量が一番多いとされている「ブラビオン」というサプリでも、1日3g分しか摂ることができません。

そのため、様々な成分が入っているヴィトックスαのアルギニン量は確実に3g以下なので、過剰摂取となる可能性はほぼ0に等しいですね。

アルギニンによる副作用の心配はありません。

 

【亜鉛】

次に亜鉛ですが、推奨摂取量は成人男性で11mgとされていて、ヴィトックスαでは1日分で12mg配合されています。

亜鉛の副作用には「嘔吐・食欲不振・腹部痙攣・下痢・頭痛」などの症状があります。

亜鉛の許容上限摂取量は40mgとされていて、1日に150mg~450mg摂るとかなり強い副作用が出るようです。

一見すると亜鉛12mgは推奨量の11mgより多いので大丈夫かなと不安になりますが、亜鉛は普段の食事では殆ど摂取できないミネラルです。

そのため、過剰摂取とされる40mgまでは到底届かないのでさほど心配はいりません。

一応、亜鉛配合量が多い「貝の牡蠣」を食べまくってさらにヴィトックスαを飲めば40mgに到達するかもしれませんが、常時40mgを超えていなければ問題はないようです。

参考リンク:厚生労働省「総合医療に係る情報発信等推進事業」

ヴィトックスαはアミノ酸と漢方成分が摂れる健康食品

ヴィトックスαはシトルリンやアルギニンといったアミノ酸2種類と、数多くの漢方成分が一緒に摂れる「健康食品」です。

医薬成分が含まれている「医薬品」とは違って、副作用のでないサプリメントで増大できるのがメリットなわけですね。

色々調べてみましたが、副作用の出る可能性は「アルギニン・亜鉛」にしかありませんでしたし、過剰摂取となる量にはヴィトックスαだけでは到底届かないことが分かりました。

ヴィトックスαを継続的に飲んで何も悪い症状は出なかったので、ほとんどの方が安心して服用できるサプリメントだと感じています。

仮にもし副作用が出るとすれば、主成分であるガラナ・マカ・赤ガオクルア・レスベラトロールか、116種類の副成分ですね。

一応植物アレルギーを持っている方などは気を付けたほうがいいかもしれませんが、配合量1mgにも満たない微々たる量なら全然問題ないと思われます。

\最安値は公式サイト!今ならキャンペーン中で1箱無料プレゼント!/

ヴィトックスα公式サイト